保険の見直しは、生命保険をはじめとする保険の見直しに必要な情報を集めたサイトです

保険の見直し私の保険履歴 ≫初めての保険の見直し

初めての保険の見直し

結婚後も、受取人を父親から家内に変えただけで、しばらくの間はそのまま継続していました。しかし、家計が苦しくなってきたのをきっかけに見直しを行いました。

不要な特約の解約だけのつもりが・・・

最初に取り組んだことは、不要な特約の解約でした。頭や顔に傷がついたときに10万円がもらえる特約をはじめ、さまざまな無駄な特約が付いていました。まずは、これらをすべて解約することにしました。主契約の終身保険のほか、残すべき特約は、定期保険特約と入院保障だけでいいと考えていました。

しかし、次に述べる必要保障額の算出を行い、それにマッチした保険にしようとすると、保険料が安すぎて、会社での給与天引きができないと言われました。そこで、いっそのことと、既存の保険を払い済み保険にし、新たな保険に入ることとしました。

必要保障額の算出

だまされて転換でも書きましたように、マイホームを持っているサラリーマンであることを考えると、定期保険はかけすぎの状態でした。必要保障額の算出にあたっては、当時家内が妊娠中だったので、子供が1名いるという条件で考えました。すると、遺族年金だけで15万円近くあり、それに私が死んだ際に、家内が仕事をするだろうことを考えると、1,800万円もあれば、十分であることがわかりました。そして、他の保険の保険金や株式等の蓄えを考慮し、1,500万円の定期保険にすることに決めました。

資料集め

当初は、コンパクトにしつつも、そのまま大手生保で継続するつもりでした。しかし、他の保険料を知らずに保険に入り続けるのもなんなので、保険スクエアbang!/生命保険で各種生命保険の資料を集めました。すると、継続するよりも、カタカナ生保や外資系でかけなおした方が、はるかに保険料を抑えられることがわかりました。この他、インズウェブの生命保険一括資料請求でも、同様に資料請求が出来ます。

保険会社選びと契約手続き

保険会社選びでは、オリックス生命とチューリッヒ生命で迷いましたが、医療保険やがん保険が決め手になり、チューリッヒ生命を選びました。家系的、生活習慣的に、がんの恐れはあまりないので、チューリッヒ生命のぷちがん保険で十分ですし、医療保険の保険料も安かったのです。定期保険と医療保険は分けても問題ないのですが、面倒なので、1箇所で契約することにしました。

契約手続きは簡単なものとなるはずでした。契約書と告知書を書き、会社の健康診断のコピーを送るだけ。しかし、問題が生じました。契約のちょっと前に蕁麻疹で2週間ほど通院していたことが理由で、面談を受けることになりました。面談担当者が、家にやってきて10分くらいの面談を行いました。そして、晴れて、契約が完了しました。

見直し結果

見直しの結果、保障内容と保険料は、下表のようになりました。

  見直し前 1回目の見直し後
定期保険 1,800万円 1,500万円
終身保険 200万円 133万円
事故で死亡 +1,000万円 追加なし
養老保険 なし 250万円
収入保障 180万円/年×10 なし
ガンと診断 300万円 30万円
5日以上入院 7,000円/日 5,000円/日
ガン・心疾患で
5日以上入院
+5,000円/日 +5,000円/日(ガンのみ)
保険料 161,460円/年 150,512円/年


2006年08月12日 01:12

だまされて転換 | 私の保険履歴 | 2度目の見直し

”保険の見直し”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2006-2007 FPEX All Rights Reserved.