保険の見直しは、生命保険をはじめとする保険の見直しに必要な情報を集めたサイトです

保険の見直し医療保険の見直し ≫医療保険の保険料払込期間

医療保険の保険料払込期間

最近、保険料の払込期間の選択ができるようになっている終身医療保険が増えています。例えば、オリックス生命の医療保険CUREもそのひとつです。このCUREを例に、60歳払済と、終身払いではどちらが得なのか考えてみましょう。

保険料の比較

厚生労働省が発表している日本人の平均余命を基に、保険金日額が5,000円として、終身払の場合と、60歳払済の場合の保険料総額を比べてみました。下表に示します。

  年齢 平均余命 1月あたり保険料(円) 保険料総額(円)
終身払 60歳払済 終身払 60歳払済
男性 20 59.2 1,280 1,560 909,312 748,800
30 49.5 1,690 2,270 1,003,860 817,200
40 39.9 2,365 3,775 1,132,362 906,000
50 30.7 3,425 8,165 1,261,770 979,800
女性 20 66 1,390 1,745 1,100,880 837,600
30 56.2 1,685 2,385 1,136,364 858,600
40 46.4 2,085 3,650 1,160,928 876,000
50 36.9 2,930 8,015 1,297,404 961,800

予想以上に大きな差が出て、60歳払済がお得であることがわかりました。 もちろん、これは平均余命だけ生きた場合の話で、実際に長生きすればするほど60歳払済がトクになります。逆に、平均余命よりも10歳くらい早く亡くなってもトントンですから、保険料の払込期間は迷うことなく、60歳払済を選ぶとよいでしょう。

保険料以外にもメリットが

私は60歳払済をお勧めしていますが、トータル保険料が抑えられることだけがメリットではありません。雇用延長制度が普及しているとはいえ、60歳以降の収入減少は避けられません。その際の負担を軽減しておくことができますし、銀行口座の解約や残高不足による、知らぬ間の失効のリスクも、今よりはリタイヤ世代の方が高くなるでしょう。ですから、トータル保険料が同じであっても、60歳払済をお勧めします。

ただ、ひとつデメリットとしては、60歳を過ぎてから保険料を払わず、保険料を病気を全くしなかった場合、保険に入っていることを忘れてしまったり、保険証書をなくしてしまうかもしれないこと。そうならないように注意してください。


2006年11月10日 01:26

女性向けの医療保険 | 医療保険の見直し | 誰でも入れる医療保険

”保険の見直し”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2006-2007 FPEX All Rights Reserved.