保険の見直しは、生命保険をはじめとする保険の見直しに必要な情報を集めたサイトです

保険の見直し保険に関する知識1 ≫地震保険料控除

地震保険料控除

所得税、住民税の所得控除のひとつで平成19年から導入された地震保険料控除について解説します。

地震保険料控除の概要

所得税法等の改正により、平成19年から「地震保険料控除」が創設されました。従来の火災保険や傷害保険等に対する損害保険料控除は、平成18年をもって廃止されましたが、一部経過措置があります。

地震保険料控除の対象は、居住用家屋・生活用動産を保険の目的とする地震保険契約の保険料です。控除額は下表のとおりです。

種類 控除額
所得税 支払った保険料の全額(最高50,000円)
住民税 (支払った保険料の金額)×1/2(最高25,000円)
損害保険料控除廃止に伴う経過措置

損害保険料控除は、原則として平成18年をもって廃止されましたが、長期損害保険契約(保険期間が10年以上で、満期返戻金があるもの)で、平成18年12月31日以前の保険始期のものについては、従来の損害保険料控除(長期損害保険契約)の対象となります。

ただし、地震保険料控除とあわせて適用する場合は、地震保険料控除の限度額が限度となります。また、損害保険料控除の経過措置と地震保険料控除両方の対象となる保険契約(すなわち、保険期間が10年以上で、満期返戻金がある地震保険)は、どちらか一方の控除しか受けられません。一般的には、地震保険料控除の方が有利となるでしょう。


2006年11月29日 01:17

生命保険料控除 | 保険に関する知識1 | 付加保険料と保険の3利源

”保険の見直し”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2006-2007 FPEX All Rights Reserved.