保険の見直しは、生命保険をはじめとする保険の見直しに必要な情報を集めたサイトです

保険の見直し保険に関する知識1 ≫一時払いと全期前納払い

一時払いと全期前納払い

保険料を最初にドンと支払う方法として、一時払いと全期前納払いの2種類があります。どう違うのでしょうか。

保険料の違い

一時払いは、保険料を文字通り一時に払うことを前提とした契約で、その分保険料の割引率が高くなっています。一方、全期前納払いは、例えば年払いで保険料を計算され、その全期間分を保険会社に預けるような形で支払いを行います。保険会社や商品により異なりますが、保険料は、一時払いの方が1割程度安くなります。

保険事故発生時の違い

保険料だけで考えると、全期前納払いにメリットはないように思えますが、保険事故(死亡保険における死亡など)発生により、以降の保険料の納付が必要なくなったときにメリットが生じます。一時払いだと、保険料の返還はありませんが、全期前納払いだと未経過分の保険料は返還されます。保険を掛けてすぐに死亡した場合などに、ほとんどの期間の保険料が無駄になることが避けられます。

税制上の違い

税制上でも全期前納払いが有利です。一時払いの保険料は、実際に支払った年の生命保険料控除しか使えませんが、全期前納払いだと、期間中毎年利用できます。

このように、それぞれの違いをよく把握して利用することが大事だと思います。


2007年01月06日 18:17

クーリングオフ | 保険に関する知識1 | 保険年齢

”保険の見直し”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2006-2007 FPEX All Rights Reserved.